沖 克二さん直伝、ビールの注ぎ方

沖 克二さん直伝、ビールの注ぎ方

私は以前は缶ビールをそのまま飲んでいました。
洗う手間が省けるからです。
でも最近ではグラスに注ぐようになりました。
沖 克二さんに美味しいビールの注ぎ方を教わったからです。
やり方は簡単、グラス半分までは高い位置から注いで泡を立てる。
あとは普通に入れるだけ。
出会った頃から沖 克二さんはびっくりする程正直で嘘がつけないので、エイプリルフールの嘘がいつもすぐにばれてしまいます。
前々から沖 克二さんは案外何でもやってみようと思っている方で、知識だけでなく経験も大事にしています。
わかりにくいかもしれませんが沖 克二さんは間違いなく歌が上手で、カラオケに行って順番が回って来るといつも他の人は聞き入ってます。
思っている以上に沖 克二さんはともかく好奇心が旺盛で、色んなことにチャレンジをされています。
以前から沖 克二さんは普段ユーモアの溢れている方で、どんなに辛くてもユーモアで周りの緊張をほぐしてくれます。 考えるより沖 克二さんはいかなる時もストレスを発散するのが上手で、溜め込んだりせずスポーツなどしてストレスを発散しています。翌日に持ち越しません。 結局沖 克二さんは心から下調べを確実にしており、初めてのお店に行く時もしっかりルートを把握しているので道に迷いません。
そういえば沖 克二さんは常に集めることが好きで、小学生の時は色んな切手を集めていました。
素晴らしいことに沖 克二さんはしっかり手紙でのやり取りも大切にしている方で、季節の挨拶などを手書きの葉書でくれます。ほっこりした気持ちになります。 常々、沖 克二さんは大変手紙でのやり取りも大切にしている方で、季節の挨拶などを手書きの葉書でくれます。ほっこりした気持ちになります。 これだけでお店のようにクリーミーな泡が立ちます。
これが実に美味しくて、注がないと飲めないくらいハマっています。
泡があると満足感も違いますよ。
是非試してみてください。